ロートアイアン,ロートアルミ|加工技術・錬鉄・鍛鉄品

◆ 腕の良い鍛冶職人によるハンドメイド加工技術

鍛冶職人がハンドメイドでひとつずつ丁寧にデザインを形成

    経験を積んだ腕の良い職人と技術スタッフにより、素晴らしい仕上がりと質感の商品を提供しております。商品精度はハンドメイドでは脅威の±2mmです。こだわりの細部まで希望通りに表現できるいろんな加工の一部紹介します。

    交差部

      平面交差

      フラットとイメージに仕上がります。各パーツをカットし溶接接続するので手間がかかる分、費用も上がります。

      立体交差

      それぞれを重ねた状態で溶接接続するので立体的な仕上がりになります。

      ランダム交差

      ツルが巻き付くような立体的でランダムに交差するデザイン。

      先端加工

        先端魚尾加工

        先端をつぶしてエンドを薄くしている形状で魚のヒレのような模様

        先端潰し

        先端をつぶしてエンドを薄くしている形状の模様無し

        先端丸め

        クルっと丸めた形状

        レールエンド

          「A」

          「B」

          「C」

          「D」

          分割加工

            柱部分割

            手摺り分割